本文へスキップ

MDM日本公式HP

メッセージ Message


133
自己愛 - 現在の世界に存在する悪なる流行

2011年7月7日 木曜日 21:00

わが深く最愛なる娘よ、大警告を準備するにあたり、彼らにわが愛、私全体の存在を受け入れることを、私は世界に知ってもらいたい。私はとても喜んでいる。
なぜなら、私の子供達が、特に私を知らない人達が最後に、わが大いなる憐れみの行いの時において、私が存在する事を受け入れるからである。
この世界において、わが子供達に蔓延させたナルシシズム(自己愛)は一つの最もさまたげる特徴である。この悪なる流行はこの段階に社会に流行していて、そしてそれは、いたる所でサタンの得意な攻撃法で、彼ら悪魔達は、わが子供達の霊魂に入り込む。彼らは身綺麗に整え、そして気取り、彼らは他の人達が憧れる事をするようになる。
必ず自分自身を最初に愛し、そしてそれが足りなくなると、彼らは周りにいる人達の注目を渇望し、そして公然の場で彼らは崇められる事を熱望する。
彼ら哀れな霊魂達が自分自身を見せるという事を、サタン達が大きく蔓延させていることで、今では無視するのが難しくなっている。彼らに取り憑かれると、彼らは見た目を気するということは、彼らが自分自身の体をも痛めつけでも、自身の自‐己‐愛を社会で満たすまでに必要な事は何でもするのだ。
サタンが、これらの霊魂の中に存在していると分かりやすい。
彼らは虚栄心で一杯な、影響ある席に現れることが多い。この自己愛の罪は終わりの時に強まり、その時に多くが自分自身の外観、自身の安否、そして利己主義は彼らの友人と彼らの家族にもでさえ支出させるのだ。
自‐己‐愛は今の世の中では、素晴らしいこととしての特色とされている。
この追求、自己利益は決して満足を得る事は出来ない、何故ならサタンはこれらの人達がより良く、そしてもっと努力させる事を確実するからである。子供達よ、傲慢の罪が今の世界の中では最も強まる、この類の行いを日常生活において受け入れてはならない。しかし多くの若者は、これらの俗に言われている、外観上の肉体的な完璧さを目標に目指している。そして目を開き、何を得ているのかを見てみると、彼らの振舞いは情けない。
十戒の第一戒に反している。そして、それらの人達がこの道なりに固執するなら、彼らは彼らを騙す者によって、さらに乱れ引き込まれる。
自己愛で人生を送ることは、全ての所で見られ、政治の中でもファッション、メディア、映画館、そして自分自身のわが教会の内でも見られる。
自己愛で、あなたが苦しむのなら、謙虚さを得ることはできないだろう。
謙虚さがなくては、わが父の王国にあなたは入ることはできないのだ。

あなた達を愛する救い主
イエズス・キリスト

バナースペース

information

MDM日本語公式HP

secondcoming.Japan@gmail.com
☆各種、お問い合わせは、
こちらから Mail